不毛と呼ばれる地にも風が吹く

風があれば水を呼ぶ

抵抗などできない するつもりもない

我らは神ではないのだから

全身を委ねれば聞こえる そして匂う

感じるのだ 鼓動を 温もりを

女の乳房のような大地

気持ちよいし 役にも立つ

生命が湧きあがる

あとから あとから

数えきれない 数えられるはずもない

我らは 大地に生かされているのだから

大地