「過酷」以外の言葉が見あたらない地

わずか二枚の堅い葉に

千年を越す時間が宿る

太陽によって焼かれ

干からび ちぢれ

ズタズタに裂けていく

それでも灼熱の地をうねりながら伸びる

十年など時の流れではない

瞬間なのだ

時を閉じこめた葉の中に

人智を超えた輝きを見る

想像を超えた時間を蓄えた奇怪な姿

時間は歴史となり 証となる

奇想天外