未知を知る者が自らの姿を凝視する

それは雨と雷を共とする「使い」

精霊と精神を繋ぐ水は留まることを知らない

深き水底に潜む大蛇が「使い」との対話を育み

水の教えを受ける者を導いてゆく

隠し事はできない

湧き出た水は緩やかに進み

生命を導き 大海へと消える

水_water